FC2ブログ

______キミがおしえてくれたこと_____

....................亡き愛犬から学んだこと、そして今見上げる10個の瞳へ

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一家で獣医

本日は・・・

前日の勤労感謝の日からちょっとお腹のゆるくなったア~君

心配だったので、獣医へ連れて行こうと

ア~君だけ、を連れて行くのは、我が家にとっては至難の業で

玄関でア~君にリードを着けようとすると

「アタチも行くの!おでかけ、行くの!」@ちぃ~ちゃん

「ボクも行くよ!ボクも!」@ビッちゃん

「アタクシも行くざんす!」@クーちゃん

ワサワサと・・・



結果、一族で獣医さんへ「おでかけ」となりました・・・

4頭も引き連れていくので、できるだけ混んでいる時間を避けて、11時半ごろに・・・



ア~君、体温は平熱で、検査結果も大丈夫、

ストレス性のものだと思いますよ、と、のコトでした・・・

4頭も連れていったし、せっかくなので。

ちぃ~ちゃんの肛門腺絞りをしていただき(肛門嚢腫破裂してるし)

ビッちゃんも簡単な健康診断

クーちゃんも肛門腺絞りをしていただいた。

クーちゃん・・・肛門嚢腫になりかけてて、先月抗生剤を投与していたんですが、

その時は治ったのかな、と思われましたが、完治していなかったみたいで、今回また抗生剤が出ました

肛門嚢腫、完治しにくいらしいです・・・

1週間に1度、通院して肛門腺絞りをしていただく事になりました・・・

1111230001.jpg

1111230014.jpg

昨日の午後、アンニュイな時間を過ごすア~君&ちぃ~ちゃん

まったりした時間、一番ほっとしますねぇ・・・




スポンサーサイト

| 愛犬のこと | 22:57 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おっかないと思う・・・

こんなに可愛いのに・・・

1011100012.jpg


時々、先代テスを怒るように怒鳴ってしまう・・・

「ココにオシッコしたのは誰!」

もう、ハンパな怒鳴り方じゃないし

小型犬なので・・・

ダックスなので・・・

極力、殴ったりはしないのですが・・・

なので、新聞紙を丸めたもので、床を叩きます・・・

しかも、ハンパな叩き方じゃないし!

怯える4頭・・・

犯人はわかっております・・・

はい、はい、ビッちゃんなのです・・・

マーキングしちゃうのです・・・

先代達がいた頃は、絶対にしなかったのにな・・・

テスも、カールも、ユキも、全部ダンシだったんだけど、室内粗相はなかった。

確かに、高齢になり、お散歩も行けなくなってしまい、半分寝たきりになった時は仕方がなかったけど・・・

それでも、ギリギリまで我慢しているのか、一気に出てしまったり・・・

なのに、ビッちゃんは・・・

コッチに、チロリン

アッチに チロリン




ほとんど、嫌がらせやんけ!!!!!


散々怒鳴り散らし、新聞紙で床をバンバン殴り、粗相を片付けていると・・・

情けなくて・・・

泣けそうになる。


確かに、♂と♀、一緒にいるから仕方がないんだけど・・・

去勢してあるア~君は(生後半年で去勢済み)絶対に外さない天才。

嫌がらせをするのはビッちゃんと・・・その娘のチィ~ちゃんである!(やっぱ、変なトコが似るのだ)



粗相を片付け、

「もう、怒ってないから、おいで」

と声をかけると、一番でア~君が飛んでくる。

「かぁ~さん、かぁ~さん、怒っちゃいやだ!ボキュ、イイコなのに、イイコなのに!」

なみだ目で訴えるア~君、

怯えながら近寄るチィ~ちゃんとクーちゃん・・・

そして真犯人のビッちゃんはすっかり目が泳いでいる・・・

それでも・・・

数分後には何事もなかったように、甘える・・・



ビッちゃんは・・・

きっと正真正銘の「犬」なのでしょうね・・・

| 愛犬のこと | 01:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寒いし!

毎日ボーっとしてるので・・・

気が付けば11月になっててさ~

何だか・・・

今年もあと1ヶ月とちょっとだがね・・・

何だかさ・・・

1年が昔の「半年分」の時間間隔になってる自分がいたりして・・・

年をしみじみ、感じておりまする・・・


さて、本日より、ア~君の癲癇のお薬、フェノバルビタールが3/4から1/2になりましたぁ~~~

肝臓への負担もあるし、できれば、できることなら、お薬に頼りたくはないのですが・・・

ア~君のように重篤発作が出てしまう仔の場合、やっぱ、お薬が必要なわけで・・・

一生、病気と上手に付き合っていくわけで・・・

以前の体重よりも2キロ~3キロスリムになったので、お薬を減らしても良かったのですが、真夏に2度の大きな発作を起こしているので、今年は特に要注意しておりました。

とりあえず、今年の夏は、発作もなく、良かったです~

お薬の量が減ったコト、記憶しておかなければならないので、更新してるわけさ!


| 愛犬のこと | 00:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。