FC2ブログ

______キミがおしえてくれたこと_____

....................亡き愛犬から学んだこと、そして今見上げる10個の瞳へ

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドーベルマン・ギャング

「ドーベルマン・ギャング」という映画、ご存知だろうか?

検索すると、1973年に公開されたアメリカの映画なんだけど。

これまた、私が幼き頃にTVで見た映画なんだけどね・・・

いたく感動し、大人になってから、もう一度見たい、と思ってビデオとかDVDとか探しているんだけど、どうやら売ってないのかしらねぇ・・・

higeoyaji42img372x5001199685658dob.jpeg

日本でも、同じような題名で「ドーベルマン・デカ」なんてのがあったけど、全くお粗末でさ・・・

本家はそんなモンじゃないんだよ!

ストーリーは・・・

要するに、ドーベルマン6頭を使って、銀行強盗するんだけどね~

ラストシーンがまた、面白くてさ、いかにもアメリカ映画って感じ・・・

よく覚えているんだけどね・・・

やっぱり、この映画を見た時、「大人になったら、絶対にドーベルマンを・・・」と幼き心に誓ったんだけど(笑)

これは夢となるでしょうね・・・

6頭のドーベルマンのリーダー、「デリンジャー」って名前だけは覚えている。

すごく賢い仔でさ。

人間には聞こえない、犬笛を使って指示を出すわけなんだけどさ。

大人になって、実験をした事、ある。

会社にいた、「チビ」というシェパードとハスキーのMIX犬(どんなけ名前と違うんだよ、みたいな)で、マジで賢いやつだった。

彼は、散歩の時間になると、静かに、でも、物凄い眼力で主人を見つめ、主人が「行って来い」と、リードを離すと(本当はやってはいけませんよ!)一人で、田んぼのあぜ道を散歩していた・・・

他の犬との接触は一切しなくて、車にもひかれず、人に対しても絶対に危害を与えず、マジで賢いヤツで・・・

田舎だから、時々他のワンコがノーリードでいたりすると、そのワンコが立ち去るまで、じっと待っていた・・・

喧嘩を売られても100%無視していた・・・

チビを犬笛で躾けたのは主人で。

私が会社に行き、「チビは?」というと、小高い場所から犬笛を3度、短く吹く・・・

しばらくすると、チビの首に着けてあるカウベルみたいなチリンチリン、という音が聞こえてきて・・・

近くまで来て、私が「チンタ君!」と呼ぶと、嬉しそうにダッシュして甘えてくれた・・・

1度だけ、短く吹くと「止まれ」とか、色々躾けてあって、チビはその通りに動いた・・・

ああ、昔見た、あの映画の通りじゃん・・・

いいなぁ・・・ドーベルマン、欲しいなぁ・・・と、との時に強く思ったんだけどね。(笑)




ラブラドールのてっちゃんの、あのタプタプした首、思い切り顔を押し付けて息を吸い込み、窒息しそうになりながら、彼のニオイを感じるのが好きだった。

大きなMIX犬のチビが、私の肩に両手をかけて立ち上がると、私の顔の数十センチ上に彼の顔があり、大きな口から吐き出される彼の荒い息使いが好きだった。

主人が、「そろそろ帰れよ!」と私に言うと、チビは主人に向かって、普段は絶対にしない牙を向いて怒った・・・「ボク、まだ甘えているのに!」って感じで・・・



今は・・・

フサフサ、フワフワのア~君の首の飾り毛のニオイを思い切り嗅いで、「てっちゃんと同じニオイだね~」ってやってる時が凄く幸せを感じます~(笑)

スポンサーサイト

| 自分のこと | 00:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。