FC2ブログ

______キミがおしえてくれたこと_____

....................亡き愛犬から学んだこと、そして今見上げる10個の瞳へ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クーちゃん

2月10日、金曜日の夜でございました。

パパさんが

「ココ、クーのココ、何かできとるに」と・・・

どれどれ・・・アタシが触診してさしあげよう、と、暢気にクーちゃんのお腹を触ってみると・・・

あ・・・あれ?・・・あれれ?・・・

クーちゃんの右側オッパイの一番下のその下に・・・シコリが・・・

コレって・・・ヤバくない?

シコリは綺麗な形っぽいけど・・・

どう考えても、皮下脂肪の直下にあるモンじゃないよなぁ・・・大きさはそれほど大きくないけどさ・・・

他は?他・・・

左側の下から二番目のトコにも、米粒ほどの大きさのシコリが・・・

コッチもヤバくない?

と・・・一気に獣医学のドッグアトラスで「乳腺炎」やら「乳腺腫瘍」やらを調べに調べ・・・

ネットで検索に検索を重ね・・・

翌日は祝日のため、獣医さんはお休み・・・

土日もヘボ用で結果、月曜日、名古屋では2度目の積雪のあったクソ寒い夕方にクーを連れて行きました。

クーは、大人しい仔で・・・本当にいい子で・・・

診察台の上で「クーちゃん、ゴロンして!ゴロン」というと、静かにお腹を見せて・・・

私の顔をじっと見つめ・・・

注射で細胞診断をしていただきました。

結果は「炎症ではないので、広い範囲での腫瘍ですね・・・」と・・・脂肪の塊であるか(良性)、悪性であるか・・・

これは、取ってみないとわからない。

注射の針を入れて細胞診断しても、「良性」の箇所の細胞を搾取してしまえば「良性」だし・・・

クーの場合、年齢的に腫瘍ができてもおかしくない年齢だし、避妊手術もしていない。

頭の中で、「どうしよう、どうしよう」と頭がグルグルしてきた・・・

診察台の上で、私をじっと見上げているクー。

我が家の仔になって丸4年が経った。

それまでの経歴は決して幸せじゃなかったと思われ、絶対に「ここのお家の仔になって良かった」って思えるように、クーとビスがいつでも笑っていられるように、と願って4年・・・

私が不安がっている時ではないのだ・・・

先代の時は・・・いつもいつも「ママが治してあげるからね!」と気合があった。


今回も、その気合と気持ちで、絶対に乗り切ろう

幸い、犬の乳腺腫瘍は50%が良性で50%が悪性・・・

摘出手術も、まだ小さいものであり、クーの年齢も若い方らしいので、一気に避妊手術もしてしまいましょう、と。

手術は3月18日に決めました。

1泊2日

クーちゃん、頑張るんだよ!

ずっとずっと、アタシの側にいるって約束したよね。




クーも心配ですが、マザコンであり、テンカンのあるア~君も心配です。

クーのいない2日間、大丈夫かなぁ・・・

そして、帰宅してからのクーの異変を、ア~君もストレスと感じないかなぁ・・・

う~ん・・・ア~君も頑張るのだ!



スポンサーサイト

| 愛犬のこと | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tess13.blog69.fc2.com/tb.php/29-bbe9feca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。